教育の情報化で何に変化が現れる

今後の未来においては、様々な教育現場で情報化が進んで行く事が予測されます。
小中高では、教科書やノートを学校に持参して学校へ通う事が一般的です。
教室にある各自のパソコンで授業を行う事になれば、教科書を忘れる事は無くなり、教科書やノートに記載出来ないほどの多くの情報をパソコン何に入れる事も可能です。
過去に学んだ学年の内容も直ぐに検索を行う事も可能ですので、授業が分からない内容も過去の情報から探して分かる範囲から学び直す事も出来ます。
教育とは、一般的に記憶する事が大切と言われていますが、情報化が進む中では、記憶よりも情報を探す能力が大切になると言われています。
教育の現場の多くは、各教室に対して先生を1人、2人ほど配置する事が一般的ですが、教室と言う枠に留まらず、情報化によって学校同士の授業や、海外の生徒との授業も行われて行く事が予測されます。
授業と言うのは、一日でも休んでしまえば、内容を取り戻すのに二日分の授業を受ける必要性がありますが、自宅からでも授業に参加が出来るシステムを構築すれば、子供達に与える負担を軽減する事も可能です。